キベリタテハ



嬉しい出逢いがありました。

標高の高い所へ行くと、

そこでしか見られない蝶に逢うことができます。



キベリタテハ
キベリタテハ



地面や壁にへばりついて吸水をしているので、

背景はあまり絵になりませんが、

ワインレッドの翅に金色の縁がとても綺麗な蝶です。



キベリタテハ3



この日はキベリタテハに会えたらいいなー‥

と思いながら歩いていたので、

実際に見られて蝶(超)感激しました!



キベリタテハ4


こんな蝶が日本にいるなんてすごい...。

まだまだ知らないことがたくさんあります。



*ご覧いただきありがとうございます*
(本日はコメント欄を閉じています。)


関連記事

奥武蔵散策 天覧山・多峯主山・巾着田



八王子からJR八高線に乗ってトコトコ。

埼玉県飯能市にやって来ました。

この日は、天覧山~多峯主山~巾着田を歩きました。



鉄腕アトムだ☆彡
20220926-奥武蔵IMG_0979

『人と人 人と自然 人と機械が 

いつまでも仲のよいともだちでありますように』

手塚治虫さんの言葉が刻まれていました。

(飯能市中央公園)





能仁寺から奥武蔵自然歩道の山道へ入ります。
20220926-奥武蔵IMG_0982



十六羅漢像を拝みながら登っていくと...
20220926-奥武蔵IMG_0989



天覧山山頂へ着きました。
20220926-奥武蔵IMG_0991


よい眺めでした。

ここは少しの休憩だけで先に進みます。

歩きやすい道が気持ちよく、

程よいアップダウンもあっていい汗もかきます。


20220926-奥武蔵IMG_0997



多峯主山(とおのすやま)山頂
20220926-奥武蔵IMG_1004



見晴らしがよくて疲れが吹き飛びます!
20220926-奥武蔵IMG_1005



次は巾着田を目指します。
20220926-奥武蔵IMG_1008
奥武蔵自然遊歩道は気持ちのいい道が多いですね♪



初めての巾着田です!
20220926-巾着田IMG_1049



ゆったりとした川の風景がいいですね~。
20220926-巾着田IMG_1051


赤い絨毯が見えてきました!

巾着田の彼岸花は想像以上の景色で圧巻でした。

いやぁ、これはすごい...。

これまで観光地という先入観で敬遠していましたが、

この目で見てみるものだなと思いました。


20220926-巾着田IMG_1025


この日はカメラを家に忘れてきてしまったのが残念です...。

でも、様子が分かりました。

また来年のお楽しみです。



20220926-巾着田IMG_1043


最近「YAMAP」という登山アプリを使い始めました。

山歩きをサポートしてくれます。

道に迷いやすく苦手だった低山も楽しめるようになりました。

(^-^)


≪コース:JR東飯能駅~天覧山~多峯主山~巾着田~西武線高麗駅≫
(歩行距離約10㎞・約4時間)


*ご覧いただきありがとうございます*



関連記事

南高尾セブンサミッツ縦走



もう一つのブログ「八王子四季折々」と記事が被りますが、

散策の記録にこちらのブログにも載せておきたいと思います。

先日、南高尾山稜を歩きました。

南高尾稜線には7つのピークがあって、低山でありながら、

起伏、展望、色彩と三拍子が揃う魅力に富んだコースです。




津久井湖方面の展望
津久井湖





ツリフネソウの群生地で。
見頃は過ぎていたので、綺麗に咲いていたものをアップで。
ツリフネソウ





シラヤマギク
シラヤマギク





中沢山に彼岸花が咲いていました。
中沢山





ジャコウソウ
ジャコウソウ





シモバシラ
シモバシラ
大洞山に向かって標高が上がるとまだ咲いていました。





稜線には7つのピークがあります。
セブンサミッツ
①草戸山 ②榎窪山 ③泰光寺山 ④入沢山 ⑤中沢山 ⑥コンピラ山 ⑦大洞山(セブンサミッツ最高峰)


あれれ?!

頂上の写真は6枚しかありませんね💦

入沢山の頂上を見逃してしまったようです。(;'∀')

セブンサミッツ踏破ならずでした...。


(撮影2022年9月17日)



≪コース:大地沢~草戸山~大垂水峠~草戸山~大地沢≫
(総距離約15キロ、歩行約6時間)
歩きごたえのあるロングトレイルでした。


*ご覧いただきありがとうございます*
(本日はコメント欄を閉じています。)



関連記事

初秋の美ヶ原④ 王ヶ頭(おうがとう)



アルプス展望コースから「王ヶ頭」山頂を目指します。

少し急な坂を登り、標高をぐんぐん上げていきます。


王ヶ頭2





山頂に着きました。
王ヶ頭





王ヶ頭(おうがとう)
標高2034m
王ヶ頭4
美ヶ原王ヶ頭は気軽に楽しめる日本百名山です。





こちらの絶景にも感動です☆
歩いてきた道が小さく見えます。
王ヶ頭5
この辺りは日本の中心地に近い所だそうです。





お花♪
王ヶ頭3





マツムシソウ
マツムシソウ





山頂には大きなホテルがありました。
王ヶ頭7





ホテルの前には広々とした休憩所
王ヶ頭6



ああ、ここに宿泊してのんびりと過ごしてみたいなぁ。

ここならホテルの目の前から星空も楽しめそうです。

あぁ星空撮りたいなぁ☆彡



(撮影2022年9月中旬)



*ご覧いただきありがとうございました*
(本日はコメント欄を閉じています。)



関連記事

初秋の美ヶ原③ アルプス展望コース



王ヶ鼻でランチの後は、

アルプス展望コースを散策しました。

広い空。

見渡す限りの草原に延びるゆるやかな道。



アルプス展望コース2



風が気持ちいい...



アルプス展望コース1



足もとには高山植物の花々も咲いていました。



アルプス展望コース3





白い花はヤマハハコ
アルプス展望コース4





ウメバチソウ
ウメバチソウ





ヤナギランの種子
美ヶ原高原


美ヶ原高原





モンキチョウ
モンキチョウ





キタテハ
キベリタテハ





上空にノスリが飛んでいました。
ノスリ





冬羽に冠羽したノビタキでしょうか。
ノビタキ



散策中に野鳥の声がたくさん聞こえてきました。

ウソ、ルリビタキ、カラ類が多かったです。

写真はほとんど撮れませんでしたが、

かわいい囀りに癒されました。


(^-^)


(撮影2022年9月中旬)



*ご覧いただきありがとうございました*
(本日はコメント欄を閉じています。)


関連記事

初秋の美ヶ原② 王ヶ鼻(おうがはな)



美ヶ原は標高1900~2000m前後、

台地の上に広がるのびやかな高原です。

台地上には最高峰の「王ヶ頭(おうがとう)」をはじめ、

「王ヶ鼻」「牛伏山」などのピークがあります。

今回はカメラを2台持っていたこともあり、
(重たい...)

「王ヶ頭」「王ヶ鼻」の2座のみを目指しました。



王ヶ鼻(おうがはな)山頂
標高2,008m
美ヶ原高原



山頂には石仏が並んでいます。
王ヶ鼻6



ここは日本百名山の3分の1近い山々を一望できるスポットで、
美ヶ原の中では一番景色が素晴らしいと言われているそうです。
王ヶ鼻3



雲の切れ間から北アルプスなどが見えました♪
美ヶ原高原



マツムシソウが咲いていました。
王ヶ鼻1



花が少ないだけに嬉しい♪
王ヶ鼻2



よし決めた!
今日はこの王様の鼻の上でランチを食べよう♪
王ヶ鼻5



座って、眺めて、少しの間目を閉じて...
王ヶ鼻4
清々しい風を体にたっぷりとどめます。



あー、来てよかったなー。



*ご覧いただきありがとうございました*
(本日はコメント欄を閉じています。)


関連記事

初秋の美ヶ原① クジャクチョウほか



どこのお山へ行こうか...。

行きたい所を書き出してみたらたくさんありました。

連休の前に晴れ予報があったので、

前日に候補を三つに絞り、

あとは朝起きた時の気分で決めることにしました。

簡単なお弁当を用意し、

さぁ、どこで食べよう♪


美ヶ原高原


車を走らせやってきたのは、

長野県の美ヶ原高原。

前から来てみたかったのですよねー。

いきなりの絶景に息をのみました。


美ヶ原高原



美ヶ原高原



カラマツはほんのりと色づき始め、

高山の短い夏は終わろうとしていました。



美ヶ原高原



道は歩きやすくとても気持ちがいいです。



美ヶ原高原



夏はたくさんのお花が咲いていたのでしょうね。



マルバダケブキ
美ヶ原高原



トンボがたくさん飛んでいました。



アキアカネとマルバダケブキ
トンボ



アキアカネは夏は高山で過ごすと聞いたことがあります。



アキアカネ



ポツンポツンとまだ咲いているお花もあって、



美ヶ原高原



蝶々もひらひらと飛んでいましたよ。



ウラナミシジミ
ウラナミシジミ



わぁ、クジャクチョウ
住んでいる地域では会えない蝶です。
クジャクチョウ
感激☆彡




さぁ、「王ヶ鼻」の山頂を目指します。


つづく


(撮影2022年9月中旬)




*ご覧いただきありがとうございました*



関連記事

お花畑で... ツマグロヒョウモン・キタテハほか



昨年はこの花壇で、

幸せの青い蜂に会ったのですが、

この日は来ませんでしたねー。

ちょっと暑すぎたのかな。

でも、かわいい蝶々が遊んでくれました。


ツマグロヒョウモン
ツマグロヒョウモン



キタテハ
ミドリヒョウモン



ミドリヒョウモン



イチモンジセセリ
イチモンジセセリ



イチモンジセセリ



イチモンジセセリ


久しぶりに山へ登りたくなっています。

準備も色々とありますので、

しばらくはブログの更新がゆっくりになると思います。

(^^)/


(撮影2022年8月)


*ご覧いただきありがとうございました*
(本日はコメント欄を閉じています。)


関連記事

アオバズクファミリー




アオバズクの雛が巣立ちました。


アオバズク2





巣穴からもキョロキョロ...
アオバズク3



外の世界に興味津々な雛ちゃんたちです。



アオバズク6





近くでジーっと見守る親。
アオバズクお母さん





風で枝が揺れておっとっと!のお父さん。
アオバズクお父さん





雛ちゃんもおっとっと!
アオバズク5


巣立ち後間もなくして、

ファミリーはどこかへ移動したようです。

今ごろどうしているでしょうか。

元気に大きくなりますように。

(^-^)


(撮影2022年7月)



*ご覧いただきありがとうございました*
(本日はコメント欄を閉じています。)


関連記事

立秋とは名ばかりの頃に...




ヤマユリが咲いたと思ったら...


コチャバネセセリ
コチャバネセセリ


コチャバネセセリ



この後、猛暑やら雨やらでボーッと過ごしていました。

次にカメラを持って野山を歩いた時は、

もうキツネノカミソリが咲いていて、

なんだかキツネにつままれたような気がしました。

この花が咲くとお盆の季節だなぁと感じます。



キツネノカミソリ





空蝉に、この夏の自身の姿を重ね...
空蝉
空っぽ





ウスバキトンボ
ウスバキトンボ

ウスバキトンボ


ウスバキトンボは、

「精霊トンボ」「盆トンボ」などと呼ばれることもあるそうです。

お盆の頃になると目立って増えるため、

祖先の霊を乗せて帰ってくると言われているとか...。

実際は、南方から季節風に乗って大海原を渡ってくるのだそうです。

海を渡るトンボがいるとは初めて知りました。


(撮影2022年8月)



*ご覧いただきありがとうございました*

関連記事
プロフィール

yory

Author:yory
カメラをもって散策しています。
風景・野鳥・花・蝶・空…
いろいろな写真を撮って楽しんでいます。

アルバム
最新記事 (サムネイル付)
冬を越すアサギマダラの幼虫 Feb 27, 2024
白梅とメジロちゃん Feb 25, 2024
ザゼンソウ Feb 22, 2024
春の陽気 コセリバオウレン・セツブンソウ Feb 20, 2024
春の目覚め バイカオウレン Feb 16, 2024
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク(50音順)
RSSリンクの表示